「なんか・・・濡れちゃったね」

そう彼女は言った。

濡れ滴る髪
ワイシャツに浮き上がる肌色
憂いた瞳で覗きこむ彼女

僕は―――。

しずかのタイトルロゴ.png